PR

産経WEST 産経WEST

新型肺炎、大規模市民マラソンにも暗い影 参加料めぐる混乱も

 厚生労働省は20日、大規模イベントについて「互いの距離が十分に取れない状況で一定時間いることがリスクを高める。感染の広がりを踏まえ、改めて検討していただきたい」と要請。マラソンは沿道にも人が密集するため、東京マラソン財団は「体調不良の方は、沿道での応援はお控えください」と呼びかけている。

 開催の判断は主催者に委ねられている状況で、23日開催予定の「世界遺産姫路城マラソン」(兵庫県姫路市)や「いわきサンシャインマラソン」(福島県いわき市)も中止になった。関西大社会安全学部の亀井克之教授(リスクマネジメント論)は「過剰反応とされる可能性もあって苦渋の決断だが、感染拡大という最悪の事態を避けるためには必要な対処法」と理解を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ