PR

産経WEST 産経WEST

奈良、クルーズ船乗船の新型コロナ感染者ら5人を受け入れ

 奈良県は22日、横浜港に停泊中のクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者で、新型コロナウイルスの感染が確認された2人と、疑似症患者1人、濃厚接触者2人の計5人を同県内の感染症指定医療機関に受け入れたと発表した。

 県によると、5人のうち下船時の検査で陽性だったのは、いずれも外国籍の30代女性と60代男性で症状は出ていない。30代女性は、22日に県内の検査機関で行った再検査では陰性だった。

 残り3人は濃厚接触者で、うち1人は70代の日本人女性で発熱があり、22日朝には平熱になったが、疑似症患者としている。残る2人はいずれも外国籍の30代男性と60代女性で、症状はない。

 21日に厚生労働省から受け入れ要請があり、患者らは大型バスなどで県内2カ所の医療機関に移された。5人は治療と健康観察のために入院した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ