PR

産経WEST 産経WEST

新型肺炎、京都市在住の中国籍男性が退院

 京都市は8日、新型コロナウイルスの感染が確認された同市在住の中国籍の20代男性が退院したと発表した。6、7両日に行った遺伝子検査がともに陰性で、体調も回復しており国の退院基準に合致したという。

 市によると、男性は市内の物販店で接客に携わっていた。1月25日に37・5度の発熱があり医療機関を受診。回復しなかったため31日から同市立病院に入院し、2月4日の検査で感染が判明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ