PR

産経WEST 産経WEST

大阪府、18歳未満とのわいせつ行為取り締まりへ条例改正案 

 大阪府は7日、戦略本部会議を開き、18歳未満とのわいせつ行為の取り締まり要件を緩和した府青少年健全育成条例改正案を2月議会に提案することを決めた。現行条例は脅したり嘘をついたりすることを要件としているが、社会問題化している会員制交流サイト(SNS)を通じた性犯罪などに適用することが難しく、府の審議会が規制対象の拡大を提言していた。

 府によると、改正案では「青少年の未熟さに乗じた」わいせつ行為や「単に自分の性的欲望を満足させるため」の性的な行為を禁じる。審議会が昨年12月に「真摯な交際関係における性行為」は規制の対象としないよう提言しており、府も除外する方針だ。

 吉村洋文知事は戦略本部会議で「SNSで見ず知らずの大人と簡単に知り合える時代。(条例改正で)厳しく処罰することも大事だが、未然に防ぐことも重要だ」と述べ、啓発にも力を入れる考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ