PR

産経WEST 産経WEST

海上保安学校で実弾1発を紛失

 海上保安学校(京都府舞鶴市)は5日、拳銃射撃訓練の際に実弾1発(長さ約40ミリ、直径約9ミリ、重さ約15グラム)が紛失したと発表した。校内を捜索しているが発見されていない。

 同校によると、同日午前8時半ごろから学生18人が回転式拳銃を使った射撃訓練を実施。射撃場には実弾200発を持ち込んだが、10時半ごろに射撃済みの空薬莢(やっきょう)と未使用の実弾を確認したところ、実弾1発がなくなっていることが判明したという。同校は発見されるまで射撃場を含む校内全域で捜索を続けるとしている。

 同校の粟津秀哉学校長は「大変申し訳ない。学校教職員と学生に対する指導を徹底する」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ