PR

産経WEST 産経WEST

汚れにくい窓ガラス 障害者の清掃サービス好評

窓ガラスのコーティング作業をするジルベルトの利用者=神戸市須磨区
窓ガラスのコーティング作業をするジルベルトの利用者=神戸市須磨区

 障害者が働きながら技能を身につける「就労継続支援A型事業所」の閉鎖や障害者の大量解雇が相次いでいる。同事業所は立ち上げが容易なため近年急増していたが、経営難に陥る場合も少なくない。この状況を打破しようと、神戸市の事業所が窓ガラスの清掃の手間を大幅に省くコーティング剤を開発し、清掃サービスに乗り出した。コーティングは細かい作業に集中できる障害者の特性を生かせると口コミで話題を集め、赤字経営の脱却に成功しつつある。経営難に苦しむ全国の事業所で説明会を開くなど、普及拡大にも尽力する。(木下未希)

安価な業務しかなく

 コーティング剤を取り入れた清掃サービスを展開するのは神戸市須磨区の事業所「ジルベルト」。知的障害のある兄を持つ福田裕士さん(30)が平成28年から運営を担っている。

 利用者は一般就労を目指す知的障害や精神障害のある男女約20人。当初はろうそくやマスクの検品、簡単なパソコン業務などの短期的で安価な業務が続き、経営は赤字へと転じた。

 福田さんは「利用者に払う給料分の売り上げが確保できず、国からの給付金で補填(ほてん)せざるを得なかった」と振り返る。

 この苦境を打開しようと30年、コーティング剤などを製造する東洋技研(同市)と業務提携。細かい作業に集中できる障害者の特性を生かすために清掃事業への進出を決めた。

事業収入が倍増

 通常は車のボディーに使われ、ほこりなどの付着を防ぐコーティング剤を店舗や住宅の窓ガラスに使用できるよう改良。清掃のための人手確保に苦しむスーパーやコンビニからの需要をつかみ、1カ月で50件超の受注を確保した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ