PR

産経WEST 産経WEST

京都の感染者は中国人留学生 軽症で自宅静養 府が対策会議

 京都府の20代女性が新型コロナウイルスに感染していたことを受け、府は30日夜、対策会議を開いた。府内で感染が確認されたのは初めて。

 府によると、女性は中国人留学生で京都市在住。今月16~22日、中国・武漢市に滞在していた。関西国際空港に帰国した際は症状はなかったが、翌23日にせきの症状が出たため自宅で静養。28日に38度台の発熱があったことから医療機関に救急搬送された。肺炎の症状はなく、そのまま帰宅し、30日に新型コロナウイルスの陽性反応が出た。女性は現在もせきが出て37度台の発熱があるが、軽症のため自宅静養中という。

 西脇隆俊知事は対策会議で「健康面に不安のある人は府や国の専用相談窓口に問い合わせ、早めの受診をお願いしたい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ