PR

産経WEST 産経WEST

【ゴッホ展】オランダからフランスへ ゴッホの足跡をたどる旅

ゴッホが入院したサン=レミの療養院の入口。門の奥で真っ直ぐそびえるのが糸杉だ(藤井沙織撮影)
ゴッホが入院したサン=レミの療養院の入口。門の奥で真っ直ぐそびえるのが糸杉だ(藤井沙織撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 フィンセント・ファン・ゴッホの画業をたどる「ゴッホ展」(産経新聞社など主催)が25日、兵庫県立美術館(神戸市中央区)で始まった。世界中の美術ファンを魅了するゴッホだが、生前に評価されることはなく、37歳で自ら閉じた生涯は、深い孤独や苦悩とともにあった。その繊細な内面に触れるべく、オランダ、フランスで彼の足跡をたどった。(藤井沙織)

■ズンデルト

 ゴッホは1853年3月30日、ズンデルトというオランダ南部の村に生まれ、少年期までを過ごした。村の中心には、牧師の父親が赴任したプロテスタントの小さな教会が残る。昔も今も、村人の大半はカトリック教徒だ。

 隣接する墓地で、ゴッホの兄のお墓を見つけた。四角い墓石に刻まれた名前は「フィンセント」。両親は、ゴッホが生まれるちょうど1年前の3月30日に死産した兄の名前を、ゴッホに与えたのだ。幼い少年はどんな思いで、このお墓を見つめていたのだろうか。

 気性が激しくかんしゃく持ちのゴッホだったが、4歳年下の弟、テオとは仲が良かった。テオは生涯、ゴッホを経済的、精神的に支えた。

 《16歳で美術商に勤務したが、失恋を機に勤務態度が悪化し、23歳で解雇された。牧師を志すも試験に挫折し、その後に就いた伝道の仕事も、自身の衣服を貧者に与えるなど行き過ぎた活動で罷免。27歳で画家になると決意し、オランダ各地を一人、転々とする》

フィンセント・ファン・ゴッホ《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス 50×61cm P.&N.デ・ブール財団(C)P.&N.de Boer Foundation
フィンセント・ファン・ゴッホ《麦畑》 1888年6月 油彩・カンヴァス 50×61cm P.&N.デ・ブール財団(C)P.&N.de Boer Foundation
その他の写真を見る(2/5枚)

■ニューネン

 両親との関係が良好ではないゴッホだったが、30歳のときに親元に戻り、ニューネンで2年を過ごした。

 ここにも、父親の勤めた教会が木立に囲まれて残る。一家の暮らした窓の大きな家には、今も人が暮らしている。古い街並みに往時の面影を感じられる、静かな村だ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ