PR

産経WEST 産経WEST

正成、正行親子の絆学ぶ討論会2月8日開催

 産経新聞で連載している「日本人の心 楠木正成を読み解く」に登場する楠木正成(大楠公)と嫡男の正行(小楠公)をテーマにした討論会「甦れ 大楠公・親子の絆・大河へ」が2月8日午後1時から、大阪府富田林市の「すばるホール」で開かれる。事前申し込みが必要で定員は先着250人。

 大阪府宅地建物取引業協会南大阪支部が、戦前は国民的英雄だった正成と正行の姿から、現在では希薄になりがちな親子関係の大切さを考える機会にしてもらおうと企画。併せて、同府河内長野市などが中心となって進めているNHK大河ドラマ化を目指す活動を盛り上げる契機にしたいとしている。

 討論会では、少年時代の正成が学んだ古刹、観心寺がある同市の島田智明市長や産経新聞の安本寿久編集委員らが講師として登壇。日本の文化や歴史をテーマに歌う2人組の歌手、雪月花も登場する。島田市長は、関係自治体でつくる大河ドラマの誘致協議会会長を務めている。

 参加希望者は、氏名、住所、電話番号、参加人数を明記し、同支部(072・958・3005)に直接連絡するかFAX(072・958・3111)。平日午前9時~午後5時に受け付ける。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ