PR

産経WEST 産経WEST

【変革 ハウス食品グループ】ヒデキ、感激! 宮崎アニメ 多様化する広告戦略

西城秀樹を起用したバーモントカレーのCM(ハウス食品グループ本社提供)
西城秀樹を起用したバーモントカレーのCM(ハウス食品グループ本社提供)

 「ハウスバーモントカレーだよ~♪」「ヒデキ、感激!」のフレーズで知られるテレビCM。歌手の西城秀樹が昭和48年から60年まで13年にわたり出演した。郷ひろみ、野口五郎とともに「アイドル新御三家」として高い人気を誇った西城の起用で「商品のファンもつかんだ」とハウス食品グループ本社コーポレートコミュニケーション本部長の藤井豊明(65)は言う。

イメージ変えた「リンゴと蜂蜜」

 ハウスは西城と独占契約。西城は13年間、ほかのCMには一切出演せずバーモントカレーの顔であり続けた。材料にリンゴと蜂蜜を使っているという商品の特徴は、西城の歌うCMソングを通じて広く浸透した。一方で「タレントとして、テレビ番組に出ていない時でもCMを通じていつも露出することのメリットは大きかったはず」と藤井は指摘する。

 バーモントカレーは38年の発売。当時、カレーは大人向けの辛い料理とのイメージがあった。そんな中、米バーモント州に伝わる民間療法にヒントを得てリンゴと蜂蜜を使い、子供たちも食べられるマイルドな味に仕上げたバーモントカレーを若い世帯に売り込もうと始めたテレビCM。西城の起用でブレークした。

 CMは季節ごとに演出を変え、人工池や大きなリンゴなど凝ったセットを用意し、撮影した。当時はテレビの歌番組の全盛期。超売れっ子だった西城は、番組収録を終えてから、東京・調布の日活スタジオに入り、深夜に及ぶCM撮影に臨んだという。

 「テレビCMは大変好評をいただき、そのおかげもあって今日カレーライスが国民食とまで言われ、皆様に愛されるようになりましたものと大変深く感謝しております」。西城が亡くなった平成30年5月、ハウスはコメントを発表した。ハウスと西城、それぞれのイメージは分かちがたく結びついている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ