PR

産経WEST 産経WEST

被告「障害にもとづく妄想の影響」大阪高裁 淡路島5人刺殺、死刑判決を破棄

 兵庫県洲本市(淡路島)で平成27年3月、男女5人を刺殺したとして殺人罪などに問われた平野達彦被告(45)の控訴審判決公判が27日、大阪高裁で開かれた。村山浩昭裁判長は被告の心神耗弱を認め、求刑通り死刑とした1審神戸地裁の裁判員裁判判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

 責任能力の有無や程度が最大の争点。1審判決は、被告を「向精神薬の大量摂取による薬剤性の精神疾患だった」と認定する一方、被害者の就寝中に犯行に及ぶなど、犯行は合理的で計画性もあるとして、完全責任能力を認めていた。

 控訴審で村山裁判長は、職権で改めて精神鑑定を実施。1審とは別の医師が、被告の「電磁波兵器による攻撃を受け続けていた」とする発言などから、「被告は当時、妄想性障害だった」と証言した。村山裁判長は判決理由で「障害にもとづく妄想の強い影響を受けていたために、犯行を思いとどまる能力が著しく減退していた」として、心神耗弱を認定。1審判決を破棄し、無期懲役を言い渡した。

 判決によると、平野被告は、27年3月9日早朝、洲本市の自宅近くの民家を相次いで襲撃し、男女5人(当時59~84歳)をサバイバルナイフで刺殺した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ