PR

産経WEST 産経WEST

中村哲さん悼み5000人 「英雄」に別れ

 お別れ会の祭壇に飾られた中村哲さんの遺影=25日午後、福岡市
 お別れ会の祭壇に飾られた中村哲さんの遺影=25日午後、福岡市

 アフガニスタンで銃撃され、73歳で亡くなった非政府組織(NGO)「ペシャワール会」の医師、中村哲さんのお別れ会が25日、福岡市の西南学院大のチャペルで開かれた。友人や支援者ら約5000人が参列。中村さんが好きだったバラをささげ、信念を貫き人道支援を続けた「英雄」の死を悼んだ。

 遺族代表の長男、健さん(36)は「私たち家族は父が望んだように、アフガン全土に緑が広がることを願います」とあいさつ。父から「口で立派なことばかり言わんで行動で示せ」と言われた言葉が最も強く記憶に残っているとし、「私の人生において大切な●咤激励の言葉です」と紹介した。アフガンへ遺体を迎えに行った長女、秋子さん(39)も登壇し「驚くほど皆さんが悲しみ、父を愛していると実感した」と振り返った。

 アフガンのバシール・モハバット駐日大使は中村さんの功績をたたえ「永遠に偉大な友人で、英雄です」としのんだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ