PR

産経WEST 産経WEST

【大阪国際女子マラソン】親子二人三脚で東京五輪へ 大会4度優勝のカトリン・ドーレさんの娘が浪速路に挑む

娘のカタリナ・スタインラック選手(右)の練習を見守るカトリン・ドーレさん=22日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
娘のカタリナ・スタインラック選手(右)の練習を見守るカトリン・ドーレさん=22日午後、大阪市中央区(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 26日に開催される「第39回大阪国際女子マラソン」(産経新聞社など主催、奥村組協賛)。出場する海外招待選手の中で注目を集めているのが、大会最多の4度の優勝経験があるドイツの元マラソン選手、カトリン・ドーレさん(58)を母に持つカタリナ・スタインラック選手(30)だ。今大会は目標とする東京五輪出場に弾みをつける重要なレース。コーチでもある母とともに、二人三脚で浪速路に挑んでいく。(宇山友明)

 「(大阪国際で)母はすごい成績を残してきた。それを胸に置きつつ自分のベストのタイムをたたき出したい」。スタインラック選手はレースに向けて意気込みを語った。

 大阪国際は、母のドーレさんが1984年ロサンゼルス五輪女子マラソン代表の増田明美さんら日本人ランナーと数々の名勝負を繰り広げてきた縁の深い大会。スタインラック選手自身も2歳のときに一度だけ応援のために大阪に来たことがある。そのときの記憶はないが、小さい頃から大阪国際で母が走る姿を写真や映像で目にしてきた。

 ただ、幼少期からトップアスリートとして厳しい練習に励む母の姿を見てきたこともあって、自身が陸上競技に関わる気持ちは一切なかった。それでも、10歳のときに学校の友人に誘われたことをきっかけに本格的に陸上競技に挑戦。学生時代はトラック種目を専門としていたが、けがをするたびに復帰のため取り組んでいた長距離走にいつのまにか魅了されるように。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ