PR

産経WEST 産経WEST

「80歳でも恋愛をするし、愛に生きる」 映画「男と女」のルルーシュ監督 

クロード・ルルーシュ監督(Kazuko Wakayama撮影)
クロード・ルルーシュ監督(Kazuko Wakayama撮影)

 恋愛映画の金字塔「男と女」(1966年)のクロード・ルルーシュ監督(82)が再びメガホンを取り、映画「男と女 人生最良の日々」で主人公のアンヌとジャン・ルイの“現在”を描いた。それぞれの役を演じたアヌーク・エーメ(87)とジャン=ルイ・トランティニャン(89)が、50年以上もの歳月を経て再び主役として出演。“愛の伝道師”と称されるルルーシュ監督が作品や愛について語った。インタビューの一問一答は以下の通り。(文化部編集委員 水沼啓子)

 --この作品を思いついたきっかけは?

 「映画監督として初めて、主役の2人が50年たっても生きているという体験をした。ジャン・ルイとアヌークが50周年記念パーティーで会っているのを見て、現在がいかに重要かというのを感じて、この映画は現在に対するオマージュとして作った。

 そして、恋愛に年齢は関係なく、いくつになっても恋愛できるということを、この映画では見せたいと思った。年を取ると、だんだんと生きていくのがしんどくなってくる。それが人生というものだけれど、そんな人生の中でも愛がどれだけ素晴らしいかを見せたかった。だから愛に対するオマージュの映画でもある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ