PR

産経WEST 産経WEST

C大阪とG大阪、「関西復権」に巻き返し期す

C大阪のチーム始動記者会見でポーズをとるロティーナ監督(前列中央)と新加入の選手ら=大阪市此花区(北川信行撮影)
C大阪のチーム始動記者会見でポーズをとるロティーナ監督(前列中央)と新加入の選手ら=大阪市此花区(北川信行撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 東京五輪イヤーのサッカー、Jリーグは2月21日に開幕する。昨季は5位に終わったC大阪と7位のG大阪にとっては、巻き返しを期すシーズンとなる。両クラブとも既に、新加入選手を発表する記者会見を行い、チームも始動済み。元日の天皇杯全日本選手権決勝で初タイトルを手にした神戸に続き、「関西復権」の狼煙を上げることができるか。C大阪とG大阪の戦力を探った。

 ■育成掲げ、若返り図る

 C大阪の新加入選手は下部組織のアカデミーから昇格する選手も含めて18人。約6年ぶりにフロントに復帰したチーム統括部の梶野智部長は「クラブの哲学である育成を意識した。レンタルで他チームに出ていた選手を戻し、彼らが出場機会をつかみ取るチャンスを与えようというのが編成方針」と説明する。

 18人中、最高齢がレンタルバックのMF秋山大地と、オイペン(ベルギー)から加入したFW豊川雄太の25歳。昨年のU-20(20歳以下)ワールドカップ(W杯)日本代表に飛び級で選ばれた17歳のMF西川潤(桐光学園高)ら10代の選手が8人を占める。

 昨季のJ1リーグ最終戦のC大阪先発メンバーの平均年齢は28・82歳。新戦力がうまくかみ合えば、大幅な若返りが図れそうだ。

 2季目の指揮を執るスペイン人のロティーナ監督は「昨季は新たなフィロソフィー(哲学)を導入した。最初は苦しんだが、(浸透させるという目標は)達成できた。今季はそのプレーモデルを改善し、高めていく」とスタイル継続を訴える。横浜Mに移籍したMF水沼宏太らの穴を埋めることが期待される豊川は「能力の高い選手が多く、ゴールを奪うことに集中したい」と抱負を話した。

 「最低でもアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)出場権を勝ち取り、悲願のリーグ優勝を目指したい」とは森島寛晃社長。1995年にJリーグ入りして25年となる節目のシーズンをタイトルで飾れるか。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ