PR

産経WEST 産経WEST

楽天モバイル、自営回線の携帯電話試験サービスを2万人に拡大 本格サービス4月に開始

携帯電話端末の販売などの顧客対応をする楽天の店舗=23日午前、東京都渋谷区
携帯電話端末の販売などの顧客対応をする楽天の店舗=23日午前、東京都渋谷区

 楽天モバイルは23日、昨年10月に5千人規模で開始した自営の回線網を使った携帯電話事業の試験サービスで2次募集を実施し、2万人を追加すると発表した。募集対象は東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市在住の18才以上。一次募集で落選した人を優先する。募集期間は2月3日まで。

 試験サービスは本格サービスが開始する4月まで。楽天モバイルの対象端末を購入する必要があるが、楽天の通販サイト、楽天市場などで使えるポイントを1万8千円分付与。さらに定期的なアンケートに回答すると、毎月千円分を付与する。楽天モバイルの山田善久社長は「みなさまのお力をお借りして回線の品質を向上させたい」と話した。

 楽天モバイルの携帯電話サービスは、自営回線は東京、大阪、名古屋近郊の限られており、それ以外はKDDI(au)の回線を借りている。

 楽天モバイルは総務省からも行政指導を受けるなど、基地局整備の遅れが指摘されたが、当初の予定を前倒しし、1月時点で3千カ所を整備。3月には4400カ所に上ることを明かした。

 楽天モバイルの携帯電話サービスは、自前回線とauの回線の切り替えで通話が途切れるなどの欠点があったが、4月をめどに通信方式を変更し、改善する。10月からの開始予定を半年間延期した本格サービスについて、山田社長は「4月から開始する」と改めて強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ