PR

産経WEST 産経WEST

修学旅行費盗み、女児の着替え盗撮…小学教諭の卑劣犯行

窃盗や盗撮の事件があった奈良市の小学校
窃盗や盗撮の事件があった奈良市の小学校

 奈良市の市立小学校で昨年、校長室の金庫から現金約38万円が盗まれる事件があり、この学校に勤務する教諭の男(25)が窃盗容疑で奈良県警に逮捕された。事態はこれにとどまらず、男は女子児童の着替えを盗撮したとして、児童買春・ポルノ禁止法違反などの疑いでも再逮捕された。「背徳感やドキドキ感を味わいたかった」。そう供述した男は両方の罪で起訴され、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)の判決を言い渡された。裁判官が「卑劣」「おぞましい」と表現した犯行の全容とは-。(石橋明日佳)

 公判や県警の調べなどによると、昨年5月、6年生(110人)の修学旅行のための小遣い(預かり金)33万円と、教育実習の教材費などの積立金約5万円の計約38万円が校長室の金庫から盗まれていたことが分かった。金庫をこじ開けたような形跡はなく、金庫の鍵は職員室に置かれ、誰でも取り出せる状態だった。

 学校からの被害届を受け捜査していた奈良県警は9月中旬、窃盗容疑で同校の教諭の男を逮捕した。男は「借金の返済のために盗んだ」と供述。学生時代に競馬や競艇を始め、教員になってからもストレス解消のためギャンブルにのめり込み、親や同僚、消費者金融から金を借り、総額約300万円の借金があった。

 同僚が帰宅した後、残業中に犯行に及んだといい、「レースで資金を増やしてから戻そうと思った」などと話した。

 ところが、男による犯行はこれだけではなかった。県警が窃盗容疑の捜査を進める中、押収した男のスマートフォンから、女子児童を盗撮した多数の動画が見つかったのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ