PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】イチロー、マー君…本物は礼節を少年野球で学んだ NPO法人ベースボールスピリッツ理事長・奥村幸治さん(47)

少年野球の選手たちを前に講演する奥村幸治さん =兵庫県宝塚市の宝塚ホテル(南雲都撮影)
少年野球の選手たちを前に講演する奥村幸治さん =兵庫県宝塚市の宝塚ホテル(南雲都撮影)
その他の写真を見る(5/5枚)

 常に本気で野球と向き合う中で、野村克也さんや星野仙一さんといった名将とも知り合え、その経験も自身を成長させる糧になった。人と人の縁に恵まれた野球人生を、奥村さんは「僕自身、野球の神様っているのかなと思う部分がすごくありますね」と振り返った。

■己を極め、助け合う-野球の本質

 奥村さんが講演活動を続けるのには、理由がある。借金をして兵庫県三田市につくった宝塚ボーイズの専用球場「ベースボールスピリッツスタジアム」の整備費用を完済するためだ。払い終わるまで、あと3年。なぜ、そこまで打ち込むのか。根底には、野球人生を通じて常に心がけてきた「本気の行動」がある。

 経営者をしている高校時代の野球部の後輩から講演に招かれたときのこと。後輩は「先輩、ごめんなさい」と前置きし、奥村さんをこう紹介した。「正直、先輩がプロの道に進むとは思ってもいませんでした。ただ、先輩のすごいところは、学校に行くのは一番早い、最後まで残って練習している。後輩の立場から見て、先輩っていつも本気なんやなと思っていました。本気の行動をしていると、こういうことが生まれるんやって感心してました」。その指摘が、奥村さんにはうれしかった。

 では、奥村さんを「本気」にさせた野球の奥深さとは何か。奥村さんは「野球の良さ」をテーマに語った経営者の話を披露した。「野球道の『礼に始まって礼に終わる』って、会社でも求められることだよね。あいさつを大切にする、仲間を大切にする…。それらは、すごく仕事にも役立つこと」。そう話し始めた経営者は「たとえば、サードにボールが飛んだ。捕れなかったら、ショートがバックアップする。もし、ショートが捕球できなかったら、レフトがバックアップする。役割ってみんな決まっているけど、境界線ってないだろ。サードとショートの境界線はあるか? 仕事もそう。誰かができなかったら、会社がいい方向に行くために助け合うもの。最終的にチームが勝つため、会社が良くなるために、どうするか。みんなが助け合う関係が野球の中にはあるんや」と続けた。

 奥村さんはこの話を、宝塚ボーイズの子供たちに「こういうものを身につけよう。身につけたら、社会に出ても活躍できるよ」と紹介したのだという。ただ、少年野球を取り巻く現状を考えると、奥村さんの試行錯誤は続く。

 「楽しいことがいいねん、というノリでチームを選ぶ子供が多い気がします。でも、(米大リーグで活躍する)大谷翔平君やイチローが言う『楽しい』とは意味合いが違うんですよ。彼らのは、努力して達成することの楽しさ。達成できていないことに挑戦してやろう、自分を極めていこうという楽しさがあるんですよ。そこが混同されてしまっている。仕事でも共通してます。楽しいだけでは成果は得られないじゃないですか」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ