PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】イチロー、マー君…本物は礼節を少年野球で学んだ NPO法人ベースボールスピリッツ理事長・奥村幸治さん(47)

講演で少年野球の選手たちに語り掛ける宝塚ボーイズ監督の奥村幸治さん =兵庫県宝塚市の宝塚ホテル(南雲都撮影)
講演で少年野球の選手たちに語り掛ける宝塚ボーイズ監督の奥村幸治さん =兵庫県宝塚市の宝塚ホテル(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/5枚)

 日本の少年野球は曲がり角を迎えている、といわれる。少子化に加え、やりたいスポーツの選択肢が増え、野球を選ぶ子供の数が減少。親子で気軽にキャッチボールができる近所の公園も少なくなるなど、環境の変化も著しい。東京五輪・パラリンピックの開催年を迎え、スポーツ界全体が盛り上がりを見せる中、少年野球の指導者は現状をどう捉えているのか。NPO法人ベースボールスピリッツで野球の普及活動に取り組んでいる奥村幸治理事長に聞いた。(聞き手 運動部長・北川信行)

■ベースボールでなく野球道

 豊富な引き出しを持つ奥村さんがたとえ話で口にしたのは、宝塚ボーイズの教え子、田中将大選手がプロ入りしたときのエピソード。自主トレーニングのために訪ねてきた田中選手に「困っていることはないか」と聞くと、「チームにはひと回り年上の人もいます。そういう人たちと、どう付き合えばいいんですか」との質問が返ってきたのだという。高卒で次元の異なるプロの世界に飛び込んだ田中選手だが、気にしていたのは技術的なことではなかった。

 「すごいなと思いました。結局、世の中は人と人の関わりなんですよね。こういう世界で、人に好かれるってすごくプラス。一流になる選手は、そういうことが分かっている。僕は『あいさつやで。まずは、きちっと言えることが大切なんや』と答えました」と奥村さんは言う。

 感謝の気持ちを持つ、指導者の言葉を目を見て聞く、グラウンドを自分たちで整備する…。野球人口の減少とともに、当たり前だった礼儀正しさや謙虚さが少年野球から失われつつある。(1)競争をあまり経験していない子供が増えた(2)厳しさよりも楽しさが優先される風潮が生まれた-のが原因というのが、奥村さんの見立てだ。

 「今は人数が少ないから、6年生の試合に3年生が出場したりしてますよね。僕たちの時代はそうじゃなかった。試合に出るためにどうしたらいいか自分で考え、一生懸命に努力する。常にいろんなことを考えさせられました」と奥村さん。そういったところから、社会人になっても通用する美質がはぐくまれるのだという。奥村さんはこう言い切る。「僕は少年野球の世界大会も経験しました。日本の野球はベースボールとは違う野球道なんです」

奥村幸治さん。12歳以下の少年野球世界大会では、日本チームを2連覇に導いた =2012年8月、米メリーランド州アバディーン(本人提供)
奥村幸治さん。12歳以下の少年野球世界大会では、日本チームを2連覇に導いた =2012年8月、米メリーランド州アバディーン(本人提供)
その他の写真を見る(2/5枚)

 <中学生が小学生指導

 裾野拡大の取り組みのひとつが、宝塚ボーイズに所属する中学生が、小学生に野球指導をすることだ。

 「プロ野球も少年野球も同じですが、子供たちが、こんな選手になりたいという憧れを持つようになればいいんです」と意図を説明する奥村さん。「そういう意味では、小学生からしたら中学生のお兄ちゃんは、すごく大きな存在。昔は近所付き合いが盛んで、身近なお兄ちゃんが『一緒にやってみようよ』と誘ったのをきっかけに、野球を始めたりしていた。そういう関係ができると、(少年野球の現状も)変わっていくと思うんです」と力説した。

(次ページ)裏方だから聞けた本音、そして

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ