PR

産経WEST 産経WEST

【エエねん!この本】阪神大震災25年 災害の記憶を次代につなぐ

 25年前の1月17日、6千人を超える人々の命が失われた阪神大震災が起きました。災害が多発する日本に住む私たちにとり、各地の被災地を忘れないことは、記憶を継承するという意味だけでなく、命を守るための教訓にもなります。そこで大阪の書店員(スタンダードブックストア=移転のため休店中=代表・中川和彦さん▽紀伊国屋書店天王寺ミオ店・此川洋平さん▽ジュンク堂書店大阪本店・持田碧さん)の皆さんに「災害の記憶」をテーマに本を選んでいただきました。(司会は大阪文化部・渡部圭介)

 持田 私が選んだのは『生き残る判断 生き残れない行動』(アマンダ・リプリー著、ちくま文庫)です。災害や事故、9・11(米同時多発テロ)などの事件で生き残った人たちにインタビューした本です。

 渡部 人間は身近に起こるかもと思いつつ、でも「自分は大丈夫だろう」と考えてしまうもの。こうした体験談は貴重です。

 持田 「すごい」と感じたのが9・11で数千人いた従業員の大半が助かった証券会社の話。非常階段の位置を知っていたし、階段では上層の人を優先する行動を取りました。というのも、会社の警備員が日ごろから避難訓練を徹底していたそうです。みんなから「またかよ」と面倒くさがられていたそうですが…。

 此川 避難訓練は大事ですね。私の職場があるビルでも訓練はありますが、各テナントから代表者が出ればいいという感じです。今の話を聞いて、非常口を再確認しようと思いました。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ