PR

産経WEST 産経WEST

令和に注目「食べる花」 豊富な栄養素は…

エディブルフラワーを手入れするエフ鳥取の中山修社長=鳥取市
エディブルフラワーを手入れするエフ鳥取の中山修社長=鳥取市
その他の写真を見る(3/3枚)

エディブルフラワー協会も

 一方、県内での生産振興を目指し、3年前にはインターナショナル・エディブルフラワー協会(IEFA)を設立。栽培方法や検査の仕方などを研究するほか、講習会を開いて食用花の普及にも取り組んでいる。

 県内に食用花の研究所を建設することも夢に描いており、「まだ食べられるとは思われていない花でも食用にできるものはたくさんある。それを鳥取県で発掘したい」と中山社長。「鳥取県特産のナシやスイカ、ラッキョウの花を商品化できれば、農家の役に立つことができる。未来の子供たちに新しい産業で夢を与えたい。高齢者や障害者の雇用にもつなげたい」と意気込んでいる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ