PR

産経WEST 産経WEST

【脳を知る】くも膜下出血 血管閉塞防止にステントの手術も

前のニュース

「くも膜下出血」
「くも膜下出血」

 くも膜下出血は、脳の表面を覆う膜のひとつである「くも膜」の下に出血が起こります。くも膜下出血になると約30%が死亡、残りの半数が後遺症により自立した生活ができなくなり、社会復帰できるのは約30%だけです。

 くも膜下出血が起こると、ハンマーで殴られたような強烈な頭痛や嘔吐(おうと)、意識障害などの症状が現れます。原因として一番多いのは、脳の血管のコブである「脳動脈瘤」の破裂によるものです。脳動脈瘤にも種類があり、血管にコブができる嚢状動脈瘤と、血管の壁が裂けて血管自体が膨らむ解離性動脈瘤があります。

 脳動脈瘤の約7~8割は嚢状動脈瘤ですが、解離性動脈瘤は非常に少ないものの、通常の嚢状動脈瘤よりも再出血する可能性が高く、治療も難しい場合があります。

 通常の嚢状動脈瘤の治療では、開頭してコブの部分をクリップではさむ方法とカテーテルを使用してコブの中をコイル(プラチナでできた細い金属線)で詰める治療があります。しかしながら解離性脳動脈瘤では、血管自体が膨らんでいるために、血管自体を閉塞(へいそく)させる必要があり、膨らんだ血管をクリップではさむ、またはコイルで血管自体を詰めます。

 「血管を閉塞させて大丈夫なの? 脳梗塞にならないの?」とみなさん心配されると思います。脳の血管は左右、前後で血管同士が交通していることがよくあります。

 しかしながら、その血管の交通の発達の程度は人によってさまざまです。すごく血管の交通が発達している人は、血管が1本閉塞しても他の血管が補うことで脳梗塞などの症状が出現しないこともあります。しかし血管の交通が悪い人は、血管が1本閉塞すると脳梗塞になり、意識障害や手足の麻痺(まひ)などの症状が出現します。

 脳梗塞を防ぐため、血管を閉塞する前に、血管と血管をつなぐ手術をすることもあります。最近では、血管が閉塞しないように、膨らんだ血管の内腔にステント(金属でできた編み目状の筒)を置いて、血管の膨らんでいる部分だけをコイルで詰める方法もあります。

 通常の治療より難易度が高く、まだまだ長期的に経過をみていく必要のある治療法ですが、当院でもこの治療法を取り入れ、現時点では良好な結果を得ています。(和歌山県立医科大学 脳神経外科 講師 八子理恵)

次のニュース

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ