PR

産経WEST 産経WEST

渋谷暴動事件の被告潜伏先に関与か、広島の町議を詐欺容疑で書類送検 大阪府警

その他の写真を見る(1/2枚)

 昭和46年の渋谷暴動事件で、警察官を殺害したとして殺人罪などで起訴された過激派「中核派」の活動家、大坂正明被告(70)が、平成29年5月に身柄を確保された際に潜伏していた広島市内のマンションについて、家賃の支払いなどに使う銀行口座を不正に開設したとして、大阪府警警備部は15日、詐欺容疑で広島県安芸太田町の大江(おおえ)厚子町議(63)ら3人を書類送検した。捜査関係者への取材で分かった。府警は昨年11月、大江町議宅や中核派の関係先を捜索していた。

 大坂被告をめぐっては、中核派の男性非公然活動家(55)が被告をかくまったとする犯人蔵匿罪で有罪判決を受けた。ただ、半世紀近くにわたる逃亡の足取りや支援態勢などはほとんど分かっていない。今回はその一端が明らかになった形で、警察当局は引き続き解明を進める方針。

 ほかに書類送検されたのは別の中核派の男性活動家(56)と、大江町議の知人で島根県の60代男性。3人は共謀し、28年6~7月ごろ、島根県内の銀行支店で、利用目的などを偽って口座を開設。通帳やキャッシュカードをだまし取った疑いが持たれている。府警は、通帳などは中核派側に譲渡されたとみている。

 捜査関係者によると、府警の捜査で、潜伏先マンションが男性名義で契約されていることが判明。さらに男性が大江町議らから、口座を開設しマンションを借りるよう依頼されたことが分かったという。

 男性は大江町議らから、「東日本大震災で被災した子供の支援拠点が必要」などと説明されたといい、マンションが大坂被告の潜伏先に使われるとは知らなかったとみられる。

 大江町議は、十分な医療を受けられないイラクの子供たちの支援などを目的とした市民団体の代表として活動。原発廃止を訴える運動などにも関わり、29年3月の安芸太田町議選で初当選し、現在1期目。中核派関連のホームページに当選の記事が掲載されるなどしており、府警は中核派との関わりなどを調べている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ