PR

産経WEST 産経WEST

初優勝の京都・東山、100点満点の勝利 春高バレー

東山(京都)の楠本岳(6)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
東山(京都)の楠本岳(6)=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(鴨川一也撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

その瞬間、ガッツポーズ 東山・楠本岳選手

 攻撃陣の一角として、大一番でも果敢に攻め込んだ。強打が決まっても表情は崩さない。豊田充浩監督が「いぶし銀の選手」と評する冷静沈着な男も、優勝の瞬間は、はにかみながら右腕を掲げた。

 バレーボール経験者の一家に生まれ、小学1年から父が監督を務める地元チームに参加。冗談めかして「他にやることがないからやっている」と語るが、昇陽中(大阪)時代には、レフトとして全日本中学校バレーボール選手権の初優勝に貢献した。

 片道約2時間をかけて大阪府内から京都市の学校まで通う毎日。「サーブがおかしかったらその日のうちに修正する」と練習では絶対に手を抜かない。決勝では、時間差攻撃を駆使し、ライトから強打を次々とたたき込んだ。試合を振り返って口から出るのは「ほっとした」という飾り気のない言葉だ。

 この日も、母の美琴さん(48)が応援に駆けつけた。「優勝のガッツポーズを見たい」(美琴さん)。願いは届いた。(内田優作)

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ