PR

産経WEST 産経WEST

初優勝の京都・東山、100点満点の勝利 春高バレー

男子決勝の東山(京都)対駿台学園(東京)第3セット 得点に喜ぶ東山の選手ら=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
男子決勝の東山(京都)対駿台学園(東京)第3セット 得点に喜ぶ東山の選手ら=12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」第72回全日本バレーボール高等学校選手権は12日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の決勝戦が行われた。京都府代表の男子・東山は駿台学園(東京)をストレートで破って初優勝を飾った。前回は洛南(京都)が優勝しており、府代表が大会2連覇を達成した。

 普段は辛口の豊田充浩監督が「文句なしの100点満点」と絶賛するほどの完勝だった。

 立ち上がりから、エース高橋主将が躍動。強烈なジャンプサーブとバックアタックで相手守備陣を翻弄し、9-4と突き放す。セッター中島の多彩なトス回しから楠本、吉村が両サイドからの強打を決め、25-13の大差で第1セットを奪った。

 第2セットは高橋主将に引っ張られるように、187センチの川村と185センチの大塚が要所で存在感を示した。鮮やかな速攻が決まり、高いブロックで駿台学園の強打を封じ、川村は「今大会1番の出来だった」、大塚は「戦力になれた」と胸を張った。

 第3セットも勢いが止まらない。最も警戒する駿台学園の伊藤吏主将の速攻を好レシーブした高橋主将が、自らのバックアタックで4-2とすると、強烈なジャンプサーブが炸裂(さくれつ)。6連続得点で一気に突き放し、最後は高橋主将の強打で勝利を決めた。現在は日大のエースで2年前の府予選を高橋主将とともに戦った兄、塁さん(19)が「完全に僕を超えた」と感嘆し、高橋主将は「兄と一緒に優勝ができた」と悲願の優勝に言葉を詰まらせた。

 東山・豊田充浩監督「6年ぶりの春高で、1回戦から選手も楽しみながらプレーできた。右肩上がりに調子が上がり、頂点をとれたのは本当にうれしい」

 東山・高橋藍(らん)主将「1セットも落とさない完全優勝で、昨年覇者の洛南と並んだ。後輩には来年、2度目の完全優勝を果たしてほしい」

 ▽男子決勝         

東  山 3 25-13 0 駿台学園

(京都)   25-20   (東京)

       25-15

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ