PR

産経WEST 産経WEST

【ビブリオエッセー】果たせなかった夢を受け継ぐ あだち充「タッチ」(小学館)

 いつの時代もスポーツ漫画は人気がある。大人が読んでも面白いと思える作品も数多いが、私は不朽の野球漫画『タッチ』をおすすめしたい。野球と青春、恋愛…。達也と和也、南は伝説のヒーロー、ヒロインだろう。

 上杉達也と和也は双子の兄弟。そして隣に住んでいるのが同い年の幼なじみ、浅倉南だ。序盤はこの三人が中心となって物語が進行する。兄弟の性格は真逆で、兄の達也は勉強も運動もサボりがち、周囲からの評価は低い。

 逆に和也は努力家で勤勉、なにをやらせても優秀だ。所属する野球部では周囲の期待を一身に集めていた。高校へ入学すると一年生でありながらエースに抜擢される。和也には夢があった。南を甲子園へ連れていくことだ。

 達也は野球部へは入らず、違った道へ進もうとする。それでも和也の夢を応援していた。しかし、地方大会決勝の日、和也は交通事故で亡くなる。衝撃の展開だ。夢を果たせなかった和也。立ち上がるのが達也だった。野球部へ入部し、甲子園を目指す。

 その後の『タッチ』を描いた同じあだちさんの『MIX』も話題になったが、私はやはり、『タッチ』への思い入れが深い。

 果たせなかった夢というのは誰にでもあるのかもしれない。現実はゲームではない。リセットボタンを押してやり直すことはできない。

 しかし夢を追った本人がいなくなっても残された人がいる。和也の遺志を受け継いだ達也に多くの読者が共感しただろう。私もその一人だ。

 札幌市南区 菅谷勇樹 31

 【ビブリオ・エッセー募集要項】本に関するエッセーを募集しています。応募作品のなかから、産経新聞スタッフが選定し、月~土曜日の夕刊1面に掲載しています。どうか「あなたの一冊」を教えてください。

 投稿はペンネーム可。600字程度で住所、氏名、年齢と電話番号を明記し、〒556-8661産経新聞「ビブリオエッセー」事務局まで。メールはbiblio@sankei.co.jp。題材となる本は流通している書籍に限り、絵本、漫画も含みます。採用の方のみ連絡、原稿は返却しません。二重投稿はお断りします。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ