PR

産経WEST 産経WEST

【阪神大震災25年】1歳で被災「絆伝える」声優、高槻かなこさんの決意

「神戸を背負う一人として、阪神大震災を伝えたい」と語る声優の高槻かなこさん(古厩正樹撮影)
「神戸を背負う一人として、阪神大震災を伝えたい」と語る声優の高槻かなこさん(古厩正樹撮影)

 25年前の阪神大震災を経験した神戸市出身の声優が、次世代に震災の記憶を継承する活動に一歩踏み出した。震災当時まだ1歳で「現実味のない災害」だったが、震災をテーマにした昨秋の音楽朗読劇に参加し、被災地の出身者として「伝える責任」を感じるようになった。「神戸を背負う一人として、被災者がどのように震災を乗り越えてきたかを伝えたい」と訴える。(尾崎豪一)

■東日本大震災、ライブ翌日に大阪北部地震…

 声優は、人気アニメ「ラブライブ!サンシャイン!!」などに出演する高槻かなこさん(26)。同作から生まれたアイドルグループ「Aqours(アクア)」のメンバーとして平成30年末のNHK「紅白歌合戦」に特別枠で出演するなど、若者を中心に高い人気を誇る。

 ただ、震災当時はまだ1歳。神戸市内の社宅で被災したものの被害はなく、記憶もほとんどない。近くに住む祖母がタンスの下敷きになって負傷したことをのちに知ったが、震災は「あまり現実味がない」というのが正直な気持ちだった。

 親の転勤で県内外を転々とし、小学6年で阪神高速道路の倒壊現場近くにある小学校へ転校。学校には「1・17」が近づくとメディアが取材に訪れ、震災復興を願う歌「しあわせ運べるように」を歌ったが、それでも震災について深く考えることはなかった。

(次ページ)転機は、あの東日本大震災で…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ