PR

産経WEST 産経WEST

神村学園通信制、中3生を「高1部員」で活動させたか 中学通わず、市教委に指導権限なく

学校法人神村学園の本校
学校法人神村学園の本校

 鹿児島県のスポーツ強豪校「神村学園」高等部が兵庫県淡路市に開設した通信制教育サポート施設「淡路島学習センター」で必要な学習指導が放置されていた問題で、センター側がSNS(会員制交流サイト)上で中学3年生を高校1年のサッカー部員と紹介し、練習や資金集めなどにも参加させていた疑いのあることが7日、関係者への取材で分かった。中3生は在籍する同市内の中学校にも通っていなかった。センター側のずさんな運営が背景にあったとみられ、市教育委員会も中学生のセンターでの活動実態を調査する方針。(神戸総局取材班)

 淡路島学習センターは、神村学園高等部の単位制・広域通信制課程が地元業者と提携し、昨年4月に開設した全寮制の教育サポート施設。高校の勉強との両立でプロサッカー選手を目指すとうたい、新入生22人が入学した。

 ところが、卒業に必要な学習指導が放置され、食事の質も量も不十分だったなどとして、昨年8月末までに10人が自主退学。元生徒と保護者18人が昨年12月27日、学園側とセンター側に総額2131万円の損害賠償を求める訴訟を松江地裁益田支部に起こした。

 関係者によると、センター側はサッカー活動の様子をSNS上で公開し、メンバーの中3生を「神村学園淡路島サッカー部1年」と紹介。平日の練習に参加させ、チラシを作ってグラウンド建設の資金集めにも取り組ませていたという。

 センター側は取材に対し「神村学園淡路島の生徒ではなく、練習参加生として活動体験もさせていた」と説明。ただ、淡路市教委によると、この生徒は昨年2月に県外から淡路島内の中学に転入したまま一度も登校せず、平日の日中もセンターへ通っていた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ