PR

産経WEST 産経WEST

京都・東山、京都橘 ともにストレート勝ち

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高校選手権大会は6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で男女の2回戦32試合が行われ、京都府代表の男子・東山は山形南(山形)を、女子・京都橘は鳥栖商(佐賀)をそれぞれストレートで制した。7日に行われる3回戦で、東山は東亜学園(東京)と京都橘は共栄学園(同)と対戦する。

 東山は、エースで主将の高橋がここぞという場面できっちり決めて、チームを勝利に導いた。

 第1セット、初戦でみられた動きの硬さや力みはなく、高橋を中心に吉村や楠本らも速攻やスパイクを次々と決め、序盤から山形南を突き放した。

 高橋はフロント左から早い攻撃を仕掛けるのを得意とするが、難しい右サイドからのストレートやバックアタックなども高い精度で変幻自在に打ち込み、的中率は群を抜く。高橋が打つと山形南はまったく手が出ない場面が目立った。

東山(京都)対山形南(山形)第2セット スパイクを放つ東山・高橋藍(1)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
東山(京都)対山形南(山形)第2セット スパイクを放つ東山・高橋藍(1)=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 第2セットも堅実な中島のトス回しに高橋が要所要所できっちり決め、川村や楠本らものびのびとした攻撃で順調に点を重ねるなどして、初戦に続きストレートで勝利した。

 前回の春高を制覇した洛南を破って、府代表を勝ち取った東山は6年ぶり12回目の出場。高橋は「前回王者の洛南の名を汚さないようにしっかり勝って日本一を取りたい」と意欲をみせた。

東山・豊田充浩監督「初戦は会場の雰囲気に慣れることが課題だったが、今日は自分たちのプレーに集中できた。サーブ・レシーブを含めてセッターとのコンビが終始一貫してうまくいった」

 「序盤からの5点は、相手との点の取り合いになるのはいつものこと」(三輪監督)というように、ストレートで鳥栖商を制したものの、京都橘の出足は鈍かった。

鳥栖商(佐賀)対京都橘(京都)第2セット 得点に喜ぶ京都橘の選手ら=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)
鳥栖商(佐賀)対京都橘(京都)第2セット 得点に喜ぶ京都橘の選手ら=6日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(松本健吾撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 第1セット中盤には、鳥栖商のリベロ交代の連絡のもつれで試合がしばらく中断。「どんなハプニングにも動じない一流の対応ができたと思う」と主将の石倉が振り返ったように、最後までつかんだ流れを逃すことなく石倉・和田の両エースがクロス攻撃を仕掛けて順調に点を重ねた。

 続く第2セットは、相手に流れをさらわれ、中盤までシーソーゲームの展開に。その後は両エースに加え、古田や真鍋の持ち味を生かした高いブロックや速攻などで息を吹き返し、さらに要所では石倉の巧みなレシーブが光り、25-15で圧倒した。

 3回戦の相手は、昨年のインターハイ準決勝でフルセットの末に惜敗した共栄学園。石倉は「自分たちの流れができるようにしたい」と意気込みを語った。

京都橘・三輪欣之(よしゆき)監督「きょうは両エースのミスが少し目立った。3回戦と準々決勝が行われる3日目に照準を合わせてやってきたので、自分たちのスタイルに徹してやれば道が開けると思う」

 ▽男子2回戦        

東山   2 25-17 0 山形南 

(京都)   25-19   (山形)

 ▽女子2回戦        

京都橘  2 25-16 0 鳥栖商 

(京都)   25-15   (佐賀)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ