PR

産経WEST 産経WEST

【春高バレー】滋賀・近江は惜敗

高川学園(山口)対近江(滋賀)第2セット ブロックに飛ぶ近江・久保田雄(8)、佐久間幹大(4)=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)
高川学園(山口)対近江(滋賀)第2セット ブロックに飛ぶ近江・久保田雄(8)、佐久間幹大(4)=5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(萩原悠久人撮影)

 「ジャパネット杯春の高校バレー」として行われる第72回全日本バレーボール高等学校選手権は5日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京都調布市)で開幕し、男女の1回戦計40試合が行われ、滋賀県代表の男子・近江は高川学園(山口)に1-2で惜敗した。

 例年に比べて見劣りする身長をカバーしようと、伝統のコンビバレーを磨き上げて臨んだ近江。高さに勝る高川学園に対抗し、多彩な攻撃を展開し、最後まで意地を見せたが、高い打点から打ち込まれる強打を拾いきれずに力尽きた。

 第1セット、セッターの中村、久保田が多彩な攻撃で相手を翻弄する。「時間差は効果的に決まった」(中村)と、要所で青木や佐久間を絡めたコンビを組み立ててリズムをつかんだ。苦しい場面では安平が相手ブロックの脇を抜く強打を放つなど奮闘し、ジュースにもつれこんだ第1セットを制した。

 第2セット以降は得点源だった安平が抜けるトラブルもあり、高さのある相手両エースに打ち込まれて防戦一方に。中村は「ブロックの上から打たれるスパイクを拾いきれなかった」と振り返る。佐久間の速攻や藤田の軟打で食らいついたが、及ばなかった。

近江・太田勝之監督「緊張もあったのか、動きが硬かったように感じる。レシーブ勝負に持ち込みたかったが、拾いきれなかった」

 ▽男子1回戦        

高川学園 2 24-26 1 近江  

(山口)   25-18  (滋賀)

       25-23      

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ