PR

産経WEST 産経WEST

プレサンス前社長ら6人を起訴、大阪地検特捜部 明浄学院事件

 大阪観光大(大阪府熊取町)などを運営する学校法人明浄(めいじょう)学院をめぐる巨額横領事件で、大阪地検特捜部は25日、業務上横領罪で、東証1部上場の不動産会社「プレサンスコーポレーション」(大阪市)前社長、山岸忍容疑者(56)や法人元理事長の大橋美枝子容疑者(61)ら6人を起訴した。特捜部は認否を明らかにしていない。

 ほかに起訴されたのは、プ社社員、小林佳樹(54)▽不動産会社「ピアグレース」役員、山下隆志(52)▽同「サン企画」社長、池上邦夫(70)▽不動産仲介業、小谷隆(71)-の各容疑者。

 捜査関係者によると、特捜部は大橋被告の知人で、コンサルタント会社の男性社長とピア社の男性社長についても捜査したが、いずれも不起訴処分(起訴猶予)とした。

 起訴状によると、6人は共謀し平成29年7月ごろ、法人が運営する高校の土地の売買契約後、手付金として法人に支払われた21億円を横領したとしている。

 関係者によると、大橋被告は法人経営に携わる際、山岸被告から18億円を借り入れていた。事件後、山岸被告の個人口座には約18億円が送金されたといい、一連の計画は借り入れた資金の返済目的に進んだとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ