PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】お葬式も「SDGs」? プロジェクションマッピング祭壇デビュー

プロジェクションマッピングを使った祭壇「RAY FLOWER」=広島市南区
プロジェクションマッピングを使った祭壇「RAY FLOWER」=広島市南区
その他の写真を見る(2/2枚)

 こうした最新技術は大幅なコスト削減にもつながっているという。特に造花を用いたことで生花の処分費用が削減できる。交通費やお布施などの諸費用を含めた葬儀費用総額100万円前後にもなるケースでは、この祭壇を使うことで総額70万円程度に抑えられるという。

 同会館2階に設置された祭壇は固定されているが、宮川さんは「いずれは移動型を開発して、どこでもプロジェクションマッピングを使った葬儀ができるようにしたい」と今後の見通しを語り、大田さんは「葬儀も時代の変化に対応してニーズが変わっている。RAY FLOWERを導入することで、形式張らない演出ができ、今までできなかった葬儀ができるようになる」とアピールしている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ