PR

産経WEST 産経WEST

滋賀・草津切断遺体事件 知人殺害で男に懲役25年の判決

 滋賀県草津市の農業用排水路などで昨年8月、知人の中川直(すなお)さん=当時(69)=を殺害し、遺体を損壊、遺棄したなどとして殺人や死体遺棄などの罪に問われた同県守山市古高町の飲食店経営、杠(ゆずりは)共芳被告(69)の判決公判が6日、大津地裁で開かれ、今井輝幸裁判長は懲役25年(求刑懲役28年)の判決を言い渡した。

 今井裁判長は判決理由で、被告の車で見つかった被害者の血痕が死後に付着したものだったことなどから「遺体を損壊し、遺棄したことを推認できる」と指摘。殺意を認定した上で「被害者の尊厳を軽んじる身勝手な犯行」と断じた。

 弁護側は「血痕などの状況証拠は有罪に足りうる証拠ではない」などとして無罪を主張していた。

 判決によると、昨年8月6~9日ごろ、自宅兼店舗などで中川さんを何らかの方法で殺害。遺体の首や手足を切断し、草津市内の農業用排水路などに遺棄したなどとした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ