PR

産経WEST 産経WEST

抗争用に武装車譲り受け名義変更 組長ら指導

大阪府警本部
大阪府警本部

 指定暴力団山口組系組長が抗争に備えて武装した車を譲り受けた際、車の名義変更をして活動を助長したとして、大阪府公安委員会が府暴力団排除条例に基づき、組長の50代男と、府内の自動車販売会社を指導した。大阪府警が6日、発表した。組長は「(敵対する)神戸山口組が私の命を狙うことを心配して、上部組織が車をくれた」と説明しているという。

 府警によると、組長は4月下旬、所属する上部組織から防弾用特殊鋼板が仕込まれ、防弾ガラスや緩衝装置で武装した乗用車を譲り受けた。直前に神戸市内で、神戸山口組系組長が山口組系組員に包丁で刺されて重傷を負う事件が起きていた。

 自動車販売会社の40代社長は組長の知人で、6月下旬、1万円で、車の名義を別の組員から組長に変更する手続きをしたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ