PR

産経WEST 産経WEST

ぺんてる買収合戦でOB・社員引き裂かれる コクヨとプラス、どちらに

その他の写真を見る(1/2枚)

 文具大手のコクヨ(大阪市)が筆記具大手ぺんてる(東京)に仕掛けている敵対的買収が、ぺんてるOBや社員を巻き込んで泥沼化している。コクヨに対抗し、同じ文具メーカーのプラス(東京)がぺんてるの友好的な第三者「ホワイトナイト(白馬の騎士)」として株の買い付けに参戦。両陣営はぺんてるOBに代弁させる形で互いに批判し、株主の切り崩しを競っている。(山本考志)

■OBからの手紙

 コクヨが11月15日にぺんてる買収の方針を発表して以降、ぺんてる株主のもとに、内容が正反対の2通の手紙が届いた。

 「コクヨの敵対的買収が成立すれば、ぺんてるの存続自体が危うくなる」

 1通目は11月20日付で、コクヨを厳しく非難する内容だ。名義は創業家以外から初めてぺんてるトップに就いた元社長。コクヨの買収を「ぺんてるを完全に支配するために手段を選ばない動き」と切り捨てた。

 「現在のぺんてる経営陣の考え方には大反対」

 2通目は同24日付で、ぺんてる側を糾弾する内容。名義はぺんてるOB会会長を務める元専務だった。プラスに株式を取得させるぺんてるの手法について「社員たちがあえて苦労するような判断をする今の経営陣は、自分たちの保身だけを考えている」と内部の視線から疑問を呈した。

 コクヨは今月9日を期限にぺんてる株を買い付け、保有比率を現在の約38%から過半数まで引き上げて連結子会社化する方針。

 これに対しプラスは11月21日、商品開発で協業してきたぺんてるから要請を受け、ぺんてる株を最大33・4%まで取得する方針を発表した。期限は12月10日。もし33・4%に達すれば、合併や事業譲渡といった重要事項について株主総会で拒否権を持つことになる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ