PR

産経WEST 産経WEST

【脳を知る】電子たばこと加熱式たばこ…「紙」より軽いは危険

前のニュース

 これまでいろいろな疾患について原稿を書かせていただきましたが、どの疾患に対しても「喫煙は駄目」と発信し続けてきました。

 リラックス効果などを主張される方もおられますが、それ以上に害が大きく、喫煙している本人だけではなく、周囲の人にも影響を及ぼす「副流煙」の影響も大きく懸念されます。世論も禁煙の流れになってきており、分煙対策も随分進んできているのは喜ばしいことです。

 そんな中で、近年頭を悩ますのが「電子たばこ」や「加熱式たばこ」です。専用の機械に専用のたばこを差し込んで、蒸気を吸い込む仕組みです。煙がないので、匂いが少なく害が少ないとのイメージが先行しています。また、電子たばこであれば無害と思い込んでいる方もおられるので注意が必要です。

 煙が無くなっただけでニコチンは含まれていますので、基本的な成分は従来の紙たばこと変わりません。燃えることで発する有害物質(煙)は出ませんが、蒸気の中にニコチンをはじめとした有害物質は確認されています(米疾病管理予防センターの報告)。

 また、見えにくいのが仇(あだ)となって、無意識のうちに副流煙を吸い込むリスクが通常の紙たばこより高いとも言われています。現在いろいろな研究がなされていますが、少なくとも紙たばこよりも良いというデータはありません。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ