PR

産経WEST 産経WEST

プロ野球広島、菊池涼をポスティング申請

広島・菊池涼介(加藤孝規撮影)
広島・菊池涼介(加藤孝規撮影)

 プロ野球広島は3日、菊池涼介内野手(29)が米大リーグに移籍するためのポスティングシステムの申請手続きを日本野球機構(NPB)に行ったと発表した。大リーグ機構(MLB)が全30球団に契約可能選手として通知後、譲渡金を支払う意思を持つ全ての球団が30日間交渉できる。

 7年連続でゴールデングラブ賞に輝いた好守の二塁手。海外フリーエージェント(FA)権の資格を満たすのは早くても2021年シーズンで、18年12月の契約更改後にメジャー挑戦の希望を球団に伝えたことを表明していた。在籍8年間の貢献を高く評価する球団は11月8日に希望を容認することを明らかにし、移籍が実現しなかった場合は来季契約を結ぶ方針。

 長野・武蔵工大二高(現東京都市大塩尻高)から中京学院大を経て、12年にドラフト2位で広島入団。16~18年のリーグ3連覇を支えた。今季は138試合に出場して打率2割6分1厘、13本塁打、48打点、14盗塁。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ