PR

産経WEST 産経WEST

加古川ダム遺棄、21歳男に懲役20年求刑 神戸地裁

女性の遺体が入った衣装ケースが発見されたダムを調べる捜査員=兵庫県加古川市
女性の遺体が入った衣装ケースが発見されたダムを調べる捜査員=兵庫県加古川市

 兵庫県加古川市のダムで昨年8月、大阪市淀川区の小西優香さん=当時(20)=の遺体が衣装ケースに押し込まれて見つかった事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われたスカウト業、森翔馬被告(21)の裁判員裁判の論告求刑公判が2日、神戸地裁(飯島健太郎裁判長)で開かれ、検察側は懲役20年を求刑して結審した。判決は11日。

 検察側は論告で「突発的だが、強固な殺意に基づく危険な犯行」と強調。「相当な力をかけて少なくとも3~5分ほど首を絞め続けた」と指摘した。

 一方、弁護側は「殺意は認められない」とし、傷害致死罪にとどまると主張。森被告は「取り返しのつかないことをしてしまった。本当に申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 起訴状などによると、森被告は昨年8月9日、大阪市の自宅マンションで小西さんの首を圧迫して殺害。稲岡和彦被告(43)=死体遺棄罪で1審有罪、控訴=と共謀し、遺体を加古川市内のダムに遺棄したとされる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ