PR

産経WEST 産経WEST

おやじバンド 惜しまれて13回の歴史に幕

ベテランらしい圧巻の演奏をみせた「PARADOX」
ベテランらしい圧巻の演奏をみせた「PARADOX」
その他の写真を見る(1/2枚)

 和歌山県上富田町の上富田文化会館で1日開かれた「第13回南紀おやじバンドコンテスト」。県内からは「PARADOX(パラドックス)」(新宮市)と「オトナリズム」(御坊市)の2組が出場した。今回で最後となるコンテストでは県外からの参加も含め、ロックやポップス、弾き語りなど、さまざまなジャンルの曲が次々披露され、華やかにフィナーレを飾った。来場者からは「最後となるのは寂しい」などの声も聞かれる中、惜しまれて13回の歴史に幕を下ろした。

 PARADOXは平成19年の第1回コンテストでグランプリに輝いた強豪。ベテランらしく今回の舞台でも圧巻の演奏を披露した。

 新宮市在住の5人で平成9年に結成。今回は3年ぶり3回目のグランプリステージ出場で、ベースの谷口幸生さん(54)の自宅に特設した音楽室に週1回集まり、練習してきた。

 谷口さんは、初出場した際の心境を「まさかグランプリを獲れるとは思わなかった」と振り返り、「その後、コンテストの参加者も年々増え、レベルも上がっていった」と語る。

 13回続いてきたコンテストへの感謝の気持ちを伝えようと、今回はオリジナル曲「ありがとう」を披露。力強い歌声を軽快なリズムに乗せ、5人が息をそろえた演奏をみせた。

 舞台を終了すると、ボーカルのNORIKOさん(55)は「精いっぱい感謝の気持ちを伝えることができた」と満足そうな表情をみせた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ