PR

産経WEST 産経WEST

【衝撃事件の核心】ソーセージの“入国”許すな 旅行客VS動物検疫所、戦いの行方は

スーツケースに肉製品などが入っていないか探す検疫探知犬のアルバート=11月21日、関西国際空港
スーツケースに肉製品などが入っていないか探す検疫探知犬のアルバート=11月21日、関西国際空港
その他の写真を見る(1/4枚)

 昨年初めて年間3千万人を突破するなど、右肩上がりに増えていく訪日外国人。門戸を開けば招かれざる“客”も来るもので…。昨年、国内で26年ぶりに発生した豚コレラ(CSF)は、旅行客が中国から持ち込んだ豚肉製品を感染源にウイルスが広がった可能性が指摘されているが、空港では手荷物から肉製品が見つかること自体は日常茶飯事だ。アフリカ豚コレラ(ASF)の脅威も迫る中、関西国際空港の「最後のとりで」動物検疫所の活動に迫った。(西山瑞穂)

探知犬が活躍

 関空の税関検査場。ターンテーブルから手荷物を受け取る乗客の間を縫うように、小型のビーグル犬が動き回る。国内持ち込みが禁止された肉製品や野菜果物をかぎ当てる「検疫探知犬」だ。次々においをかいでいたかと思うと、突如、中国から訪れた女性らのキャリーバッグの前に座り込み、探知犬を扱うハンドラーを見上げた。目当てのにおいをみつけた合図だ。

 持ち込み禁止品を持っているかはあくまで自己申告制。職員が同意を得てバッグを開けると、豚肉ソーセージや鶏肉加工品に加え、リンゴ、ナシ、キュウリ、トマト、米などの食材が次々と姿を現した。職員は女性らに放棄を求め、禁止品について説明した。

 関空で、こうした光景は珍しくはない。中国便では必ずといっていいほど手荷物で禁止品を持っている乗客がおり、関空に7頭配置されている探知犬が見つける肉製品は1日百数十キロになることもある。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ