PR

産経WEST 産経WEST

トンネルでコンクリ剥落、車1台パンク 奈良

トンネル内に散乱したコンクリート片(奈良県提供)
トンネル内に散乱したコンクリート片(奈良県提供)

 30日午前10時20分ごろ、奈良県高取町清水谷の国道169号の芦原トンネル内で、コンクリート片が散らばっていると通行人から110番があった。破片に乗り上げた乗用車1台がパンクしたが、けが人はいなかった。

 奈良県警橿原署などによると、トンネルは全長770メートルで、剥落は南行き約400メートル地点の右車線で発生。壁面のコンクリートが縦1・5メートル、横2メートルにわたってはがれ落ち、破片が右車線をふさいで散乱していたという。

 県によると、トンネルは昭和40年に完成。平成28年度の定期点検でひび割れや水漏れが見つかっており、来年1月までに補修工事を行う予定だった。県はトンネルを通行止めにして事故原因を調査している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ