PR

産経WEST 産経WEST

堺市にハニワ部発足 部員も82(ハニー)人

ハニワ部結成式で部員にあいさつするハニワ部長=堺市役所
ハニワ部結成式で部員にあいさつするハニワ部長=堺市役所

 世界文化遺産「百舌鳥(もず)・古市(ふるいち)古墳群」をボランティアでPRする「ハニワ部」が、堺市職員をはじめとする有志82人で結成された。今年8月に「課長」から昇進した市のPRキャラクター「ハニワ部長」が、文字通り部長に。ハニワ部長は「1600歳の落ち着きを保とうとしましたが、つい浮かれてしまいました」と大喜びしていた。

 ハニワ部は、市の正式な部署ではなくクラブ活動の一環。活動は原則、勤務時間外で、当然、残業手当などは出ない。にもかかわらず、堺市職員68人、藤井寺市職員14人の計82人が入部を希望。ハニワ部長は「世界遺産に登録された古墳の数にちなんで49人を目標としていたが、こんなに集まってくれてうれしい」と話し、82を「ハニー」と読んで「何か運命を感じる」と感慨深げだった。

 27日夕の結成式には部員のうち50人が出席。「念のためですが、給料は出ません。欲しいという人はやめておいた方がいいですよ」と部員らを笑わせたハニワ部長は「多種多様な人材がそろい、心強い限り。お金をもらわない分、自由に活動に取り組める。何でもできそうな気がしてきました」と語った。

 堺市の女性職員は「管理部門なので、なかなか古墳群PRの仕事にかかわる機会がないのですが、ハニワ部ならできると思って参加しました」。藤井寺市の男性職員は「藤井寺市だけでは発信力が足りず、堺市さんに乗っかって古市古墳群もPRできれば」と話した。

 ハニワ部は12月中にもさっそく会合を持ち、古墳群PRのための企画を持ち寄るなど活動を開始する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ