PR

産経WEST 産経WEST

【教育はいま】失踪、洗脳状態…その部活、ブラックです 奈良大教授が指標作成

その他の写真を見る(1/2枚)

 長時間の拘束や高圧的な指導などで生徒を苦しめる中学・高校のいわゆる「ブラック部活」について、問題の多さを測る指標「『部活』健康度尺度」を奈良大の太田仁教授(社会学)らが作成し、今月上旬の日本社会心理学会で発表した。太田教授は「渦中にいる顧問や生徒は『これが普通』と思いがち。校長や周囲の関係者が尺度を活用してチェックし、ブラック部活を減らすきっかけになれば」としている。(木ノ下めぐみ)

 部活動をめぐっては、平成24年に大阪市立桜宮高バスケットボール部の男子生徒が体罰を受けて自殺。今年5月にも、兵庫県尼崎市立尼崎高のバレーボール部で顧問による体罰が発覚するなど、子供たちが心身を傷つけられる事例が後を絶たない。

 太田教授らは、こうした問題を受け、中高での部活を経験した大学生や中高の養護教諭ら約30人から聞き取り調査。「過酷な部活のため心身ともに疲れ果てていることが多かった」「顧問は部員の個人的秘密を守らないことがあった」などの61項目を、部活の「健康度」を測る指標としてまとめた。「まったくあてはまらない(1点)」から「よくあてはまる(5点)」で集計し、点数が高いほど悪い。満点の6~7割を超えると「不健康」と判断する。

 全国の大学生約260人に、中学・高校での部活を振り返ってこれらの指標で集計してもらうと、「部活で精神的に追い込まれた」「顧問の指示が絶対だった」「休日が少なすぎると思っていた」といった項目に、多くの人が「よくあてはまる」と回答。太田教授は「一般社会なら人権侵害ともいえる行為が、部活動では当たり前のように横行している」と指摘し、今後、20項目程度に絞り込んだ上で学校現場での活用を促すという。

 部活動が“ブラック”か否かを統一した指標で調べる手段はこれまでほとんどなく、子供へのスポーツハラスメントに詳しい東京未来大学の大橋恵教授は「今回の尺度で(問題のある)行為を具体的に示すことで、どういう指導が望ましいのかをイメージしやすくなる」と評価している。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ