PR

産経WEST 産経WEST

【軍事ワールド】最新ステルス機、全部見せます-X-2、初のフル公開 岐阜基地航空祭 

地上展示で初めて公開された実験機X-2の機体後部。「秘密」だった推力変更パドルの詳細が見える(岡田敏彦撮影)
地上展示で初めて公開された実験機X-2の機体後部。「秘密」だった推力変更パドルの詳細が見える(岡田敏彦撮影)
その他の写真を見る(1/8枚)

 航空祭が集中する秋を迎え、航空自衛隊岐阜基地(岐阜県各務原市(かかみがはらし))でも10日に航空祭が行われた。目玉はステルス機能を持つ先進技術実証機のX-2。これまで一般に公開していなかった推力変更パドルを持つ機体後部を初めて披露し、多くの観客が記念撮影した。

全部見せました

 X-2は岐阜基地の飛行開発実験団に配備され、2016年4月の初飛行以来、専門の試験隊がステルス機能や新型高出力エンジンなど各種装備の試験を実施。1年7カ月の間に34回の飛行を重ね、17年10月に最後の飛行を実施。以降、岐阜基地に保管されている。一昨年から同基地祭で公開されてきたが、機体後部の形状はレーダーに探知されにくいステルス技術の最重要部とされ、公開時には観客は機体の後ろへ回ることができないよう、機体を格納庫に収容し、観客は格納庫の入り口側からしかX-2を見られないよう位置を制限していた。

 ところが今回は、機体を格納庫から全て出して見学者に応える大サービス。なかでも注目は推力変更用のパドルだ。ジェットエンジンの噴流の向きをノズル(ジェットの出口)で変えることができ、ベクタード・スラストとも呼ばれる技術だ。

 推力変更機構はこれまでにもスウェーデンのサーブ・ビゲン戦闘機や欧州のトーネード戦闘機などエンジンの推力方向を変更させる機構を設けた機体はあるが、これらは着陸時にエンジンを逆噴射状態にして着陸距離を短くするためのスラスト・リバーサーと呼ばれるものだ。旅客機のエンジンも「ブレーキ」として持っている機構だ。

初公開された実験機X-2のエンジン後部。推力変更パドルの形状がよくわかる(岡田敏彦撮影)
初公開された実験機X-2のエンジン後部。推力変更パドルの形状がよくわかる(岡田敏彦撮影)
その他の写真を見る(2/8枚)

(次ページ)飛行中に推力方向を…空中戦ドッグファイト、そして

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ