PR

産経WEST 産経WEST

男性宅に侵入し下着切る 容疑で弁護士逮捕 兵庫県警

 男性が就寝中の住宅に侵入し、下着を刃物で切るなどのわいせつな行為をしたとして、兵庫県警西宮署は23日、準強制わいせつなどの疑いで、同県西宮市山口町上山口の弁護士、児玉淳容疑者(33)を逮捕、送検したと発表した。容疑を認めているという。

 逮捕、送検容疑は10日午前0時半~6時ごろ、県内の住宅に侵入し、就寝中の男性(39)の下着や、同居の男性(20)のズボンを切断したなどとしている。鋭利な刃物を使ったとみられるが、2人にけがはなかった。39歳の男性が起床した際に気づき、110番通報した。

 同署によると、西宮市内で男性が住む民家に何者かが侵入する被害が6月から数件起きており、関連を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ