PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】正岡子規と加藤拓川、2人の祖父を語り継ぐ 樹木医・正岡明さん(74)

「子規は究極のプラス志向で生き抜いた」と話す孫の正岡明さん =奈良市白毫寺町の自宅(南雲都撮影)
「子規は究極のプラス志向で生き抜いた」と話す孫の正岡明さん =奈良市白毫寺町の自宅(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 俳句・短歌の革新と写生文の提唱などに打ち込んだ正岡子規の義理の孫が奈良にいる。樹木医で庭園設計業を営む正岡明さん(74)。子規の遺品を守りながら、その業績を後世に伝える活動を続ける。実の祖父で子規の叔父でもある明治の外交官、加藤拓川(たくせん)についての執筆や講演も増え、2人の祖父の語り部としての役割に情熱を傾ける。(聞き手 編集委員・松岡達郎)

■父が守った子規の遺品

 〈正岡さんの父、忠三郎は加藤拓川の三男。独身を通して子をなさぬまま早世した子規の死後、正岡家の養子(戸籍上は子規の妹、律の養子)となった。このため正岡さんは子規の義理の孫、そして拓川の実の孫にあたる〉

 「実は、父から子規の話を聞いたことがないんです。父は子規の晩年の日記『仰臥漫録(ぎょうがまんろく)』の行方が分からなくなる騒ぎなどで大変苦労したらしく、兄(浩さん)と私にそんな思いをさせたくなかったのでしょう」。正岡さんはこう打ち明ける。忠三郎は、俳句や短歌などで子規を継ぐことはなかった。正岡家の養子になる条件として、文学を生業(なりわい)にしないよう律と約束したからだという。「律は子規を尊敬していたが、困窮ぶりを身近に見て厳しい世界だとみていたのだと思います」

 ただ忠三郎の周りには不思議と才能のある友人が集まった。中学の同級生には評論家の小林秀雄がおり、高校や大学時代は富永太郎や中原中也らと親交を深めた。詩を評価する能力があったらしく、中也の詩を『これはダメだ』と突き返したこともあった。阪急電鉄に就職したが、世界的な指揮者になった朝比奈隆と電車の車掌と運転士のコンビを組んだことがあった。「真相は確かめるべくもありませんが、父からさまざまなエピソードを聞いたことがあります」と正岡さん。

正岡子規(正岡明さん提供)
正岡子規(正岡明さん提供)
その他の写真を見る(2/6枚)

 〈中原中也に頼まれて早稲田を替え玉受験させられそうになったよ〉

 〈朝比奈隆は運転の最中にビオラを練習して、おかげで駅を停車せずに通過したこともあったんだ〉

 文学の道を歩まなかった忠三郎は子規の遺品を大切に保管した。正岡さんにとって父の思い出は深夜に泥酔して帰宅し、玄関先で寝てしまう姿ばかり。それでも休日には黙々と子規の書簡や書籍を分類・整理し、虫干ししたりしていた。忠三郎は子規の遺品を何度となく危機から救った。戦時中に兵庫県伊丹市の自宅が空襲に遭った際には「(遺品を)焼いたらダメだ」と奮闘。昭和40年代にも火事騒動があったが、病床の忠三郎が子規の遺品の入ったトランクを運び出すことを真っ先に指示した。

 正岡さんは自身が子規を意識したきっかけを話す。「平成13(2001)年に子規が住んだ東京・根岸の子規庵の土蔵で『仰臥漫録』が見つかったんです。それも子規の没後100年の前年。それを機にどんどん子規の世界に引き込まれました。とにかく子規は熱量がすごく、好奇心が旺盛で、病気を逆手に取って、究極のプラス思考で生き抜いた。その明るさが魅力です。その足跡を特に若い人に伝えたい」

(次ページ)子規に導かれた「造園」の道。そして司馬遼太郎…

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ