PR

産経WEST 産経WEST

「ゾウは、いません」消える人気動物、迫られる動物園改革

10月に繁殖のため英国に旅立った雄のコアラ「アーク」=大阪市天王寺区の天王寺動物園(須谷友郁撮影)
10月に繁殖のため英国に旅立った雄のコアラ「アーク」=大阪市天王寺区の天王寺動物園(須谷友郁撮影)
その他の写真を見る(4/4枚)

 「海外からの動物を導入するなら『この施設で動物が幸せに暮らせるか』ということが厳しく問われる。施設作りや餌のやり方など工夫している」。こう話すのは札幌市円山動物園の山本秀明飼育展示課長。同園ではテナガザルやシンリンオオカミなど35種の飼育を断念し、3頭いるホッキョクグマの飼育に重点を置く方針へ転換した。

 海外からのさらなる導入を考え、従来の約5倍の飼育スペースを確保し、繁殖拠点を目指す方針だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ