PR

産経WEST 産経WEST

集合住宅に高2女子の絞殺遺体、33歳男性も死亡…心中か 兵庫・加東

 兵庫県丹波市内に住む県立高校2年の女子生徒(17)が数日前に家を出たまま行方不明となり、兵庫県警捜査1課は21日、兵庫県加東市内の集合住宅の一室で、首を絞められ殺害された女子生徒の遺体を発見したと発表した。この部屋の住人で、派遣社員の男性(33)も室内のクローゼットに電気コードをかけ、首をつった状態で死亡していた。

 県警が2人の遺体を司法解剖したところ、女子生徒は17日午後、男性は18日午前に死亡したとみられることが判明。県警は心中を図った可能性もあるとみて、2人の関係性や死亡の経緯などを調べている。

 県警によると、女子生徒の父親が18日未明、「17日朝に家を出た娘が帰ってこない」と県警丹波署に相談し捜索願を提出。県警が翌19日夜に知人の男性宅を家宅捜索し、2人の遺体を発見した。女子生徒は首を絞められて風呂場で倒れており、近くにビニール状の紐が落ちていた。

 女子生徒は8月にも家を出て行方が分からなくなったことがあった。その際は、母親が電話で男性と話し無事を確認したという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ