PR

産経WEST 産経WEST

ローマ法王来日 キリスト教棄教していなかった? 千々石ミゲルの新説に注目

長崎県諫早市の伊木力地区で見つかったロザリオとみられるガラス玉とガラス片(大石一久さん提供)
長崎県諫早市の伊木力地区で見つかったロザリオとみられるガラス玉とガラス片(大石一久さん提供)
その他の写真を見る(1/3枚)

 38年ぶりのローマ法王の来日を前に、430年以上前に法王と謁見した「天正遣欧少年使節」の千々石(ちぢわ)ミゲル(1569~1633年頃)をめぐる新説が注目を集めている。使節で唯一、棄教したとされていたが、禁教下に信仰を守った「潜伏キリシタン」だった説が高まり、来年には埋葬地の本格調査に着手する予定だ。「法王来日が歴史を変える好機になれば」と研究者も期待する。(桑村朋)

 イエズス会の宣教師、フランシスコ・ザビエルがキリスト教布教を行った1549年から約30年後、布教活動に貢献してもらおうとローマに派遣されたのが、13~14歳の4少年だった。

 だが、その後に待っていたのは、江戸幕府のキリシタン弾圧。ミゲルは帰国後に入会した同会を脱会、1606年には棄教し、4人で唯一、仏教徒に改宗したとされていた。

 平成29年、子孫らでつくる発掘調査実行委員会が、長崎県諫早市の伊木力(いきりき)地区のミゲルの墓とされる地から、キリスト教の聖具「ロザリオ」らしきガラス玉を発見したと公表。通説を覆す可能性が浮上した。

 元長崎歴史文化博物館研究員で実行委の大石一久さん(67)によると、石碑は江戸前期、ミゲルの四男が建立。裏に四男の名、表にはミゲル夫妻とみられる戒名が刻まれている。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ