PR

産経WEST 産経WEST

イノシシ3倍増、住宅街にも…奈良・生駒で被害深刻

イノシシによって無残に掘り返された芝生=奈良県生駒市のさつき台第5公園
イノシシによって無残に掘り返された芝生=奈良県生駒市のさつき台第5公園
その他の写真を見る(1/3枚)

 大阪のベッドタウンとして知られる奈良県生駒市の住宅街にイノシシが相次いで出没し、公園の芝生が無残に掘り返されるなど被害が深刻化している。捕獲頭数はここ3年で3倍以上に増加。県は過去に同様の被害に悩む奈良公園(奈良市)でロケット花火による威嚇やカプサイシンを含ませた液体の散布という対策を実施したが、どれも効果は薄かったといい、関係者は頭を悩ませている。(桑島浩任)

 芝生の被害があったのは、生駒市さつき台のさつき台第5公園。約600メートル南西には市立壱分(いちぶ)小学校もある。

 近くに住む男性(70)によると、10月30日午前8時ごろ、散歩で公園に寄ったところ、ブランコ前の芝生や遊歩道に計数十カ所の掘り返された跡を見つけたという。公園では以前からイノシシが目撃され、注意書きも3カ所に貼られており、男性は「ひどい状態で驚いた。足を取られるので危ないし、イノシシに出くわしたらと思うと孫たちを遊ばせられない」と不安を口にする。

 別の男性(68)も「4月にも掘り返された跡を見つけ、市役所に連絡した」といい、対策を行う市農林課の担当者は「イノシシがミミズなどのエサを食べたのかもしれない」と話す。

 同課によると、平成27年度、市内でのイノシシの捕獲頭数は76頭だったが、28年度は183頭、29年度は227頭、30年度は238頭と3年で3倍以上に増加。生駒山に近い田畑を中心に出没しており、人的被害はないが、市民からの要請を受けて市が捕獲用のおりを設置している。しかし、公園や住宅街には危険なため設置できず、「今回のケースは捕獲して対処するのは難しい」という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ